様々な出会い・恋愛の方法

時代とともに変わり続ける出会い系サイトの現状

28422671114_6802a88d9a出会い系サイトが身近で生活の一分になった現代、出会い系はいつ頃生まれ発展してきたのでしょうか、
出会い系サイトがこれまで辿ってきた道のりを見ていきたいと思います。

出会い系サイトが誕生したのが約十年前の2000年といわれています。
つい最近のイメージがありますが、歴史は長いのですね。

この年には出会い系サイトが少しずつ人々の間で認知されてきて利用者も一気に増えることになります。
やはりここで今の大手サイトが次々と生まれたことが大きいですね。
その中でも有名なサイトが「エキサイト出会い」などが上げられます。
エキサイト出会いは現在でも、「エキサイトフレンズ」として人気を博し、
多くの会員が登録していることでも知られている出会い系サイトの代表格でしょう。

このエキサイト出会いが登場したころ、インターネット利用者も4700万人を突破して、
ますます出会い系サイトが盛り上がりを見せてきました。
まだまだ利用者の少なかった携帯電話のネット利用も1000万人を越え、
手軽に出会い系サイトが使えるようになったのも大きいですね。

当時はネットを利用するユーザーの構成比も男性に大きく傾いていたのですが、
翌年には女性のネット利用も飛躍的に伸び男女比が均等になった事により、
女性の出会い系サイト登録が増えたことにより、ますます出会い系サイトが魅力的になりました。

ここまで来ると出会い系サイトは当たり前の時代になり誰もが気軽に利用できる世の中になったのです。
それはもはやサラリーマンや一般の人達ばかりか、
警察官や裁判官といったどちらかと言うと出会い系には似つかわしくない職業の人も
当たり前に利用するようになって来たのです。

出会い系サイトが一般化する事で社会にも多くの影響を与える存在になり、
様々な事件でニュースを賑やかすことも珍しくなくなりました。
それと時を同じくして、迷惑メール詐欺メールといった出会い系サイトを利用した
トラブルや事件も多く発生するようになっていきます。

確実に成長しているサイトですが、事件も増える結果に繋がってしまっているようです。

焦り過ぎず粘ることが出会いの基本

img_0493出会い系サイトを利用して出会いの機会を得ようとするのならば、即効で成果が得られるということはあまり期待しないほうがいいでしょう。
粘り強く臨んでこそ、成果が得られるものとしたうえで利用してみるのがいいのかもしれません。
検索でヒットしためぼしい相手数人に声を掛けても何の反応もなかった、ただそれだけで他のサイトの利用を考えるのは早計な場合もあるかもしれないからです。
いくら出会い系サイトを利用してもお互いがその気にならなければ出会いに漕ぎ着けることはないわけですから、これは仕方のないことです。
確かに、メールを送ってみてもどれもサクラばかりだったというのならば、そのサイトは信用するに値しないでしょうから他のサイトに乗り換えたほうがよろしいかとは思います。
逆にその様子がないのなら、もう少し継続して利用してみるのも悪くはないのかもしれません。
必ずしも出会い系サイトを使えば出会える相手がすぐ見つかるというわけではないことを念頭に利用するのがよろしいかと思います。

出会い系サイトを利用してくるのはやっぱりヒトなわけですから、対するお相手によっては粘り強く口説いていくことが必要とされる場合もでてくるわけです。
そのお相手がそれこそ誰でもいいからあってくれる人を探している、というのであれば早い段階で出会える約束を取り付けられるでしょうが、逆にじっくりお相手を見極めたうえで会うかどうか決めたい、なんていうタイプの場合にはやはり出会ってみようという気にさせるにはそれなりに時間も必要とされるわけです。
こうなると効率を求める人にとってはよろしくないとなるわけですが、人との縁は効率で計れるものでもないのでみすみすいい出会いを逃してしまうということにもなってしまうかもしれません。
サクラばかりのサイトである場合は別として、他のサイトに乗り換えるのかどうかはある程度利用したうえで判断するのも悪くはないと思われます。

彼女のことを想う…それが出会いの成功法

img_5出会い系サイトで返信もらった女性に、
僕は毎日のようにメールを送りました。

やはり一生懸命さが通じるものです。
彼女は僕のメールにほとんどすべてこたえてくれるようになったのです。

そこで、お互いにだんだん気心がしれるようになってきました。

やっと、デートしてもいい感じになってきたので、
デートをすることを提案しました。
彼女は夜の方が都合がいいということで、
夜の海辺のデートということでお台場を選択しました。

実際に会ったときにはあまりに自分のタイプの女性だったので、
僕としてはもう大満足でした。
でも、それはあまりはしゃぎすぎないように、
冷静を装った感じでどうにか抑えました。

彼女の話によると彼氏いない歴2年ということでだったんです。
もちろんこんな素敵な女性だから、
多分何か悲しい別れでも合ったのかも知れないと感じました。

そこで、なんとなく彼女が少しでも元気になってもらいたくて、
取りあえず僕と付き合って見ませんかと自然に口に出てしまいました。

その言い方が可笑しかったのか、思わず彼女も笑い出してしまい、
その上で「もちろん彼氏になってくれるんだったら喜んで」っていってくれたんです。

Menu

TOP